花とみどりのコラム

【二十四節気】芒種/ぼうしゅ

【二十四節気】芒種/ぼうしゅ

        
春が終わり、季節も初夏へ移りかわる6月になりました。
    
そろそろ梅雨入り。
二十四節気では毎年6月6日〜6月20日あたりの15日間を「芒種(ぼうしゅ)」と呼びます。
あまり聞きなじみのない季節の名前ですが、今の季節である芒種について説明していきます。
 
 
 

芒種とは

    
芒種の「芒(のぎ)」とは、稲や麦などイネ科の植物の先端の棘のような部分のこと。
この為「芒種」という言葉は、稲科の植物の豆まきに適した時期の事を指します。
想像しやすいのは田植えの時季ということでしょうか。
主食となるお米の種を蒔く、大切な時期として認識されています。
 
 
   

旬な食材

   
旬のものは、味わいが良く栄養価も高いため、積極的に摂り入れたい食べ物です。
芒種の時季は初夏らしい、梅・トマト・メロン・みょうが などが旬を迎えます。
   
蒸し暑くなり、はやくも夏バテ気味の方もいらっしゃるのではないでしょうか。
比較的食べやすい食材なので、体調がすぐれない方にもおすすめです。
 
  

旬な花

   
散歩をしていると、その季節の様々な花を楽しむことができます。
特にこの時季見ごろを迎えるのが、紫陽花 です。
    
色鮮やかな色の紫陽花は、この 時季ならではの楽しみのひとつです。
普段あまり気にされていない方も、この機会に散歩やサイクリングで、季節の変化を肌で感じてみるのはいかがでしょうか?
 
  
 
 
筆者:髙木  編集:油井・関戸

東京と大阪で植物店・花屋を展開するhanna(ハンナ)のオンラインショップコラムページです。

【大阪】

  • あべのハルカス近鉄本店:MAP
  • 近鉄百貨店上本町店:MAP
  • リノアス八尾店:MAP
  • アプラたかいし店:MAP

【東京】

  • 東急プラザ渋谷店:MAP
一覧へ戻る