花とみどりのコラム

【花を撮る】私だけの“いいね!”を見つける

【花を撮る】私だけの“いいね!”を見つける

  
〝自宅用に花を買った〟
〝​​お祝いで花をもらったー!〟
   
   
眺めているだけで癒される花ですが、花を買ったりもらったりと少し特別と感じる日には​「撮影」をしてより花の魅力を楽しんでみませんか?
今回は「撮影しようと思ってもいい場所がない」という場合でも花の魅力を再発見しながら楽しく撮影するアイデアをまとめてみました。
   
   
   

step1.自然光に置いてみよう!

夜、部屋の蛍光灯をつけてから撮影すると、蛍光灯の光でなんだか現実的な雰囲気になりがち。
撮影のタイミングは、朝~昼過ぎまでの明るい時間帯がオススメです。
   
部屋の電気は消して、窓の近くに花を置いてみてください。
光が強い場合はレースのカーテンをすると和らぎます。
 
場所によって光が異なり、花の見え方が全く違うので、いろんなところに置いてお気に入りの撮影スポットを見つけてみましょう。
朝と昼でも見え方が違いますよ。
   

   
   

step2.いろんな角度から見てみよう!

よい光の場所が見つかったら、次は花の素敵な角度を見つけてみましょう。
すこし上から、横から、下から…
商品撮影であれば全体がわかりやすいように斜め上から撮影することが多いですが、自分が「綺麗」「面白い」と思う角度を見つけてみましょう。
   
​   
   
   

step​3.いよいよ撮影!

スマホで撮影する場合は、レンズのゆがみがあるので、画質がやや粗くなります。
少しズームにしたり、ゆがみの感じにくい角度を探して撮ると自然な感じになります。
アップで撮影すれば、花の魅力も伝わり、背景を沢山セッティングしなくてよいので気軽に撮影できます。
   
   
スタッフのスマホで撮影してみました。
   
   
 
    
    

step​4.少し背景を工夫して

お気に入りの色や紙、布などと組み合わせて、花瓶から出して置いてみてください。
アプリなどで文字を入れて、メッセージカードやアイコンにしても素敵です。
 


 
飾って楽しむのはもちろん、撮影をしてみると色々な光や角度で違う表情を見せてくれるので、より花の魅力を楽しむことができます。
お気に入りの花や、大切な方々にいただいた花を思い出として残してみてください。
   
   
   
筆者:山本  編集:油井・関戸