花とみどりのコラム

【枝もの定期便】自宅で楽しむ小さな自然

【枝もの定期便】自宅で楽しむ小さな自然
お洒落な部屋には必ずと言っていいほどあるグリーン。
   
観葉植物を置きたいなと思いつつ
・お世話できるかな?
・枯らしてしまわないかな?
と不安でなかなか手が出せない方もいるのではないでしょうか。    
そんな方におすすめなものが「季節の枝もの」
季節によって様々な表情を見せてくれる枝ものは、まるで自宅で楽しむ小さな自然!
気軽にスタートできる「枝もののある暮らし」についてお話ししていきます。
 
 
    

枝ものってなに

枝ものは花屋で購入することが出来ます。
バラやガーベラのような花と違い、しっかりとした茎が特徴です。
ハサミでは切れないような太く、そして立派な枝もあります。
長さのあるものが多いのも特徴。
長さがあることで、伸び伸びと自然に広がった枝や芸術的に曲がった個性的な枝を楽しむことが出来ます。
 
 
 

枝ものを飾るメリット

手軽にお部屋にグリーンを取り入れることが出来る

観葉植物に比べてリーズナブルに手に入れることが出来ます。
おおよそ数百円から、高いものでも1,000円代のものが多い印象です。
気に入ったものに出会ったタイミングで悩まず購入出来る価格が嬉しいですね。
そして、日頃の管理も観葉植物に比べると簡単です。
お仕事で忙しい方や、ズボラな方でも安心して生活に緑を取り入れることが出来ます。
 
  
とにかくお洒落
なんと言ってもお洒落!
なんだか殺風景なお部屋も、枝ものを1本飾るだけで空気が入れ替わったように感じます。
色のパターンが少ないので、お部屋の雰囲気に合わせて悩まなくていいのもポイントです。
  
   
  

枝ものを飾るデメリット

正直思い浮かびませんが、あえてデメリットを挙げるとすれば「長持ちすぎる」という点でしょうか。
生花の寿命が平均して57日間なのに比べて、枝ものは平均して2週間〜1ヶ月程楽しむことが出来ます。
   
素敵な枝ものに出会った!
けど、まだお部屋の枝は元気だしなと諦める場面が出てくるかもしれません。
  
  
   

枝ものを長持ちさせるコツ

生花に比べると長持ちする枝ものですが、処理の仕方や飾る場所によっては楽しめる期間が短くなってしまうことも。
簡単な方法で少しでも長く楽しめることができます。
 
 
下処理
購入した枝ものは、自宅で生ける前に下処理をしてください。
良く切れる剪定ハサミをご用意ください。
 
まずは余分な葉や枝を取り除きます。
そうすることで、枝の負担を軽くすることで長持ちするようになります。
バランスを見ながら、好みの形に剪定していきましょう。
次に、茎の先端を斜めに切り落とし十字に切れ込みを入れます。
硬い茎は水の吸収が悪い為、水に触れる面積を増やすことで吸収を良くする目的です。  
切り口が乾かないうちに、水に浸けましょう。
花瓶の水は、少なすぎると足りなかったり転倒の原因にもなるので多めに入れます。
 
 
置き場所
直射日光や空調の風が直接当たる場所は避けましょう。
葉が焼けて変色したり、乾燥して縮れる原因となります。
   
水替えと毎日のお手入れ
枝ものは長さがあればあるほど、毎日の水替えが大変そうだと感じるかもしれません。
しかし、生花に比べると水が汚れないので平均して5日に1回程度、水の汚れ具合を見ながら水替えをしましょう。
その際1cm 程茎を切り戻すようにします。
   
また乾燥する季節は、毎日 葉に霧吹きなどで水をかけると良いでしょう。
葉っぱに潤いを与え、乾燥して葉が落ちたり変色することを防ぎます。
  
   
   

お洒落に枝ものを飾るには?

枝ものの良さはなんと言ってもその枝ぶり!
ちょっと曲がった茎や、実の重みで垂れ下がる枝など自然の造形美を楽しみましょう!
   
そのためには、お気に入りの枝を1種類、シンプルに生けるのがおすすめ。
茎の曲がり具合や実や葉の付き方を見ながら、長さを変えて23本生けるのがお洒落に見えるポイントです。
   
人気のドウダンツツジやアセビのように葉の茂っているものは、1本でも様になりますね。
下処理の際に、混み合った枝を適度に間引いて風通しを良くすることで、インテリアにも馴染みやすくなります。
  
  
  

花瓶の選び方は?

長さがあったり、実がたくさん付いていたりして重くなりがちな枝もの。
花瓶選びはとても重要です! 
 
 
高さあるもの
枝ものの長さに対して、半分以上高さのある花瓶が安心です。
あまり花瓶が高すぎても、せっかくの自然な枝の動きが堪能出来なくなってしまいます。
高さがあっても細長いものは、倒れる危険があるので注意が必要です。
 
 
重心が下にあるもの
三角形のように、重心が下にある花瓶は倒れにくく安心です。
重心が下にある場合は、花瓶の高さがなくても長い枝ものを飾ることが出来ます。
 
 
しっかりとした素材のもの
ガラスやプラスチック素材のものより、陶器のように花瓶自体に重みのあるものもおすすめです。
長い枝ものを生けても転倒の心配がなく、安心して枝ぶりを楽しむことが出来ます。
  
  
   

便利な定期便

長さがあり、大ぶりな枝もの。
・持ち帰るのが少し大変そう、
・目立ちそうで恥ずかしいな
なんて方にもおすすめの「季節の枝もの定期便」!!


その季節におすすめの枝ものが数種類、ご自宅に届きます!
自分のペースでお届けの間隔を選ぶことができるのも嬉しいポイントですね。
   
届いた枝ものは、下処理をしてサッと生ければ簡単にお洒落に大変身です!
   
  
季節を感じるおすすめの枝もの 
【春】
・桜
・桃
・ミモザ
・姫リョウブ
・ドウダンツツジ
・梅花空木(バイカウツギ)
・コデマリ
・ライラック
   
【夏】
・ドウダンツツジ
・スモークツリー
・ブルーベリー
・アセビ
・ビバーナムスノーボール
・紅葵( 別名「ローゼル」というハイビスカスの仲間)
   
【秋】
・野バラ
・鈴バラ
・ツルウメモドキ
・雪柳
・ハナナス
・シンフォリカルポス
   
【冬】
・コットン
・ネコヤナギ
・レンギョウ
・木蓮
・梅
・ボケ
・青文字


どんなインテリアにも自然に馴染み、お部屋の空気を変えてくれる枝もの。
ぜひ、季節の移ろいをご自宅でお楽しみください。
 
 
 
筆者 :中西  編集:油井・関戸

関連商品を見る

【定期便】季節の枝もの
¥1,650

東京と大阪で植物店・花屋を展開するhanna(ハンナ)のオンラインショップコラムページです。

【大阪】

  • あべのハルカス近鉄本店:MAP
  • 近鉄百貨店上本町店:MAP
  • リノアス八尾店:MAP
  • アプラたかいし店:MAP

【東京】

  • 東急プラザ渋谷店:MAP
一覧へ戻る